パソコンの起動が遅い、動作が重い

このページで「 通信速度が遅い 」というのは、 動画視聴などある程度通信速度が必要なことがスムーズに読み込めずに遅くなってしまう という一般的なインターネットの利用を前提にしています。 こういった通常のネットの利用方法であれば通信速度にすると 安定して10Mbbs以上あればストレスなく動画を観たりすることができる十分な速度 と言えます。 オンラインゲームの場合は通信速度50Mbps、Ping(応答速度)は30ms以下あれば快適にプレイできる数字です。 よく光回線業者が最大~Gbpsなどで宣伝をしていますが、それはあくまで理論上の最大値なので、実際にそこまでの速度が出ることはありません 。 そもそも現在のインターネットサービスやパソコンの性能では何Gbpsといった速い通信速度が出たとしてもオーバースペックであまり意味がないということをまず初めに覚えておいてください。.

光回線が実際にどのくらいの速度が出ているのか測るためのスピードテストというサービスがいくつかあって、かんたんに計測することができるので まずは回線の速度を測ってみましょう 。 スピードテストでは、ダウンロードの速さが一番大事だと思わているのでついその数字に目が行ってしまうのですが、実は「Ping(ピング)」という「応答速度」の速さも光回線の体感速度に関係しています。 応答速度というのは、どのくらいの速度で応答が返ってくるかという数字です。数字が少ないほど早い反応が返って来ているということで、回線速度の体感が速く感じることができます。 逆にいくらダウンロードやアップロードの速度が速くても、Pingの数字が大きければ体感の速度は遅くなります。 ダウンロードの速度が「10Mbps以上」、Pingは「30ms以下」なら光回線としては合格ラインでそこそこ快適に通信できる数字になります。 計測は時間によってもかなり変わるので いちばん使いたい曜日や時間帯にどのくらいの速度になっているのか を計測してみましょう 計測には「 SPEED TEST 」のサイトを使うとPingの数字も計測できるのでおすすめです。 計測してみてやっぱり遅いなという結果が出たら、改善するために次は遅くなる原因を探っていきます。.

光回線の速度は自力で解決できないということはほぼありません。 遅くなる原因を把握しておくことで「どこを改善したら良いか」「どこへ問い合わせすれば良いのか」の見当をつけられる様になり通信速度を改善することができる可能性がかなり高くなる ので、できれば原因を探るところから始めてみてください。 通信速度が遅くなると、まずは光回線が遅いんじゃないかということを考えると思いますが、 光回線自体が遅くなるということはほとんどありません。 特に戸建の住宅の場合は専用の回線を使っているので光回線そのものが原因で遅くなるは可能性はかなり低く、1つの回線を共有している集合住宅でも光回線が遅く感じるほど他の部屋の人が使っているのが原因だったということもほとんど聞いたことがありません。 なので 通信速度が遅い原因として、光回線自体を疑うということは最後 にしても良いでしょう。.

この4つのことが原因になっていることがほとんどです。 まず 1つ目 は、 パソコンやスマホやタブレットなどの光回線に接続して使っている通信端末そのものが故障 しているか、 パソコンのセキュリティの設定を変更したり、セキュリティソフトの更新 などが原因となっている場合です。パソコンのセキュリティ関連を変更すると、ネット回線が遅くなったり使えなくなることがあります。 2つ目 は、 ルーターやインターネット接続機器の設定ミスや故障 です。自分で買ったルーターやレンタルしている接続機器の設定ミスや故障があるとネットが遅くなったり不安定になることもあります。 3つ目 は、 プロバイダや光コラボサービスといった接続業者のトラブル です。光回線では接続業者はインターネットを使うときに必ず通るところで光回線の速度に大きく影響しています。パソコンをいじっていなければ次はここが原因となっていることが考えられます。 4つ目 は、 光回線自体が遅くなってしまっている ケースです。光回線自体が遅くなることは少ないのですが、一時的に混雑などで遅くなることもあります。 では、順番に原因となることに心当たりがないか見ていきましょう。 心当たりのあるものがあれば、その原因で合っているのか確かめる方法、改善するにはどうしたら良いのかということを解説しているので参考にしてみてください。自分ではできないというところはムリせず原因となるサービスのカスタマーセンターに問い合わせすることをおすすめします。.

まず初めに疑う原因は、「パソコンの故障やセキュリティソフトの問題」です。 これについては 通信速度が遅くなる前にパソコン自体が遅くなっていたり、パソコンで何かしらの設定や更新をしているはず なので、思い当たる事があればここが原因になっている可能性があります。 OSのアップデートやセキュリティソフトのアップデートやパソコンの設定を変更したことがないか、共有のパソコンであれば自分だけでなく家族にも思い当たることがないか聞いてみましょう。 ここが原因かどうか簡単に確かめるには、 トラブルが起きたパソコン以外の光回線に接続している端末でも通信速度が遅くなっていないか確認してみる ことです。 もし他の端末では通信速度が遅くなっていない様であれば、遅くなっているパソコンなどの通信端末そのものが原因になっている可能性が高いので、端末のメーカーのサービス窓口に相談してみましょう。メーカーは同じ様な事例を把握していることも多く、解決方法を知っている可能性も高いです。 他の端末でも通信速度が遅くなっているのであれば通信端末が原因の可能性は低いので、次に光回線の接続機器の設定ミスや故障の可能性を考えます。.

を調べてみましょう。 遅くてもネット自体ができていれば通信機器の電源が入っていないということは考えられないので、説明書などを参考に通信機器が故障していないか確認しましょう。 また、 通信機器を新しく買ったり、設定を変更してしまったことで回線が遅くなったり することも考えられます。その場合は、 元の機器に戻すか設定を元に戻してみても通信速度が遅いままか確認 してみてください。これで速度が戻るのであれば原因は変更した設定や機器にあることになります。 接続機器の問題で意外と多いのがルーター周りのトラブルです。 ルーターの電源を一度切って入れ直したり、ファームウェアを最新の状態に更新したら速度が戻ったという事例もあるので、できる人はやってみましょう。DNS設定が原因で光回線の調子が悪くなることもよくあります。 ルーターが原因かどうか調べるためには、ルーターを使わずに回線に直で繋げてみて速度が早くなる様であればルーターの可能性が高い ということになります。 また ルーターに同時に繋ぐ機器の台数が多いというのも通信速度が遅くなる原因 になります。特に古いタイプのルーターは通信速度の上限が低い場合があり、同時に繋げるとその速度を分け合うことになるので、通信速度が遅くなることも。 ルーターが古い場合は新しいものに買い替える 検討も必要です。 もし光回線が遅い原因がルーターにありそうであれば、解消するのに少し知識が必要です。ここも難しそうであればルーターのメーカーに問い合わせてみてください。 その他に、光回線と端末を繋いでいる LANケーブル や回線を分岐させる ハブ が古いか故障しているということも考えられるので、これらの機器についてもチェックしてみましょう。 ここでチェックした機器では古いものは通信速度の上限が決まっていたりするのでそこも必ず確認しましょう。.

最後は、光回線そのものが原因となっている場合です。これは上の「プロバイダなどの接続業者が原因となっているケース」と同じ様に、NTTのサービスや、光回線業者に問い合わせして光回線そのものが遅くなっていないか確かめてみると分かります。 問い合わせして光回線そのものが遅いと分かったら、自分でできることは光回線そのものを乗り換えることしかありません。もしフレッツ光以外の回線が引けるのであれば、混雑しやすいNTTフレッツや光コラボはやめて通信環境の評判が良い「auひかり」や「NURO光」などの別の光回線へ乗り換えることで、快適に光回線を使える可能性はかなり高いです。 もし乗り換えまでは面倒という人は、改善するまで待つしかありません。ただ待つだけでは改善される可能性は低いので、回線業者に遅くて困っていることやこのままだと乗り換えも検討させてもらうなどと伝えておくのも良いと思います。. ここまで光回線が遅い理由を4つに絞って解説してきました。ここに書いてある方法で調べてもらえれば、光回線が遅くなっている原因はほぼ分かると思います。 理由が分かれば解決方法も分かるので、光回線が遅くてストレスになっているという方はぜひやってみてください。 ただ、意外とすんなり解決することができることもあれば、原因がもっと難しいところにあって解決するのが難しいこともあるのでどうしても改善できないこともあります。どうしても分からないことは無理せず、メーカーや業者に問い合わせしてみてください。 自分の端末や接続機器が原因でない場合は、プロバイダや光回線の乗り換えを検討するのが自分でできる一番速い解決方法になります。.

パソコンの故障やセキュリティソフトが原因となっているケースと解決方法 2. ルーターなどの光回線の通信機器が原因となっているケースと解決方法 3. プロバイダなどの接続業者が原因となっているケースと解決方法 4. 通信端末の故障やセキュリティソフト 2. ルーターなどの光回線の接続機器の故障や設定 3. https://tobanji.oshashiburidesu.pp.ua/jisynusofaz28.php 4. まとめ ここまで光回線が遅い理由を4つに絞って解説してきました。ここに書いてある方法で調べてもらえれば、光回線が遅くなっている原因はほぼ分かると思います。 理由が分かれば解決方法も分かるので、光回線が遅くてストレスになっているという方はぜひやってみてください。 ただ、意外とすんなり解決することができることもあれば、原因がもっと難しいところにあって解決するのが難しいこともあるのでどうしても改善できないこともあります。どうしても分からないことは無理せず、メーカーや業者に問い合わせしてみてください。 自分の端末や接続機器が原因でない場合は、プロバイダや光回線の乗り換えを検討するのが自分でできる一番速い解決方法になります。.

パソコンの遅い、重いを改善する

 · これで1〜2Mbpsあたりの数字が出てきた場合は、さきほどの「平均速度20Mbps」と比較してもわかる通り、回線速度がかなり遅いということになります。 多少の動作速度の低下ならまだしも、極端に動きが重くなってかえって逆に利便性を欠いたりすることもあります。 前述したように、主な原因はパソコンのスペックの不足ですが、長期間続くようならセキュリティ対策ソフトを変更するというのも選択のひとつです。  · インターネットが遅い原因と高速化する3つの方法を紹介します。ネット回線や環境に原因がない場合は、ブラウザ自体やdnsサーバーのアドレスの設定を変更することで、高速化できる場合もあります。どれも簡単で効果が出やすいので、ぜひ試してみましょう。 その場合は、 元の機器に戻すか設定を元に戻してみても通信速度が遅いままか確認 してみてください。これで速度が戻るのであれば原因は変更した設定や機器にあることになります。 接続機器の問題で意外と多いのがルーター周りのトラブルです。

ASD・ADHDの人は皆、処理速度が遅い?

平均ユーザー評価

4.9 / 5